自動車 騒音

車検を受ける前の準備

車検を受ける前の準備

 

 

ユーザー車検は各都道府県にある陸運支局で受けることができます。そこには車検のレーンというものが設けられていてそこを順に車を運転して検査を受けながら進んでいきます。この詳細については後ほどの項目でお話をさせていただきますが車検を受けるにはまず何を準備すればよいのでしょうか。

 

 まず大事な確認事項ですが、車検を受けに行く日がすでに車検切れになっているのかまだ車検が残っているのかを知っておくことは最重要事項です。車検が切れているのに道路を運転してしまうと法律違反で捕まってしまいます。車検がまだ残っているのに車検を受けるともったいないというような誤解をしている人も結構いるようですが車検は早めに受けてもきちんと残りの日数は残した状態でそこから2年とみなしてくれますので心配はありません。

 

 もし、さまざまな理由で車検が切れてしまったという場合にはユーザー車検は受けられないのでしょうか。実は全く問題ありません。少し手間と手数料がかかりますが市区町村役場などにおもむき仮ナンバーというものを発行してもらうjことができますのでそれをフロントガラスの見えるところにおいて陸運局まで運転して下さい。それでOKです。ただし注意が必要なのが、車検が切れている場合は自賠責保険も同時に切れている場合も中にはあります。その場合は自賠責保険だけでも先に代理店などで手続きをしておく必要があります。だいたいはこのような事態を想定して自賠責保険は車検切れから1ヵ月後に設定されていることが多いようですので一度確認をしてみて下さい。



ホーム RSS購読 サイトマップ