自動車 騒音

改造バイクの車検について

改造バイクの車検について

改造バイクがありますね。エンジンやマフラーなどを変更したり、ハンドル、シートなどを使いやすいように改造したりしている人がいるでしょう。そのような改造バイクでも一応車検を受けることが出来るのでやっておくと良いですね。走行に支障がない改造なら問題なく車検を通すことが出来るでしょう。

 

基本的にバイクの改造は、危険と判断されなければ問題なくすることができます。まあ、やり過ぎると危険領域になるので注意していないといけませんが、程々に改造するくらいなら問題がありません。しかし、車検時の規定を下回った場合は不合格になるので注意してください。

 

例えば、マフラーの変更がありますね。これは廃棄騒音が99デジベル以下であり、危険でなければ問題がありません。100デジベルになっている場合は、騒音被害が発生するので注意しましょう。次に、タイヤは、溝が0.8ミリ未満は不合格です。その場合は、しっかりとタイヤを取り替えるようにしてください。

 

シートなどにも規定があります。2人乗りのバイクシートを改造して1人乗りにした場合も不合格になるので注意しましょう。ハンドルは、場合によっては登録をしていないと不合格になるので注意してください。ヘッドライトの色なども決められた色でないと不合格になるので注意しましょう。
このように、改造してもしっかりと規定を守れば車検が通るでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ