自動車 騒音

問題について

問題について

自動車の騒音問題と言うものは、今のテクノロジーが進化した時代においてはあまり聞かれなくなりました。エコカーブームやハイブリッドブーム、それから時代の変化にともなってクルマの騒音を出しやすくなるような改造パーツがあまり売れなくなっているのもそのひとつの理由です。

 

 

しかしながら、今現在の時代では無く昔の話に目を向けてみるとそれはすごいものとなっていました。その昔、この日本の若者のあいだでは「走り屋」がブームになっており、クルマ・バイク問わずにさまざまな改造をほどこして一般の公道におけるレースで速さを競い合うのが夜な夜な各地において開催されていました。食事や服を犠牲にしてでもすべてをクルマに注ぎ込み、パーツを購入して自慢をし、そして速さを競い合ったのです。

 

 

それとは別に暴走族のブームも存在し、集団で公道においてバイクやクルマで騒音を撒き散らしながら走行をしたり、「初日の出暴走」と呼ばれる富士山近辺を中心とする年末年始の暴走も騒音問題のひとつとされていましたし、ドキュメンタリー番組でも取り上げられたことで有名になりました。今はメーカーでも個人でもそうした騒音対策がなされ、あまりそう言ったことは聞かれません。

問題について記事一覧

走り屋

18歳になってすぐに免許を取り、ローンを組んでクルマを買ってパーツを取り付け、就職をしてそのお金を返しながら走ることに喜びを見出すという行為が一昔前までは一般的でした。これがいわゆる「走り屋」と言う人たちであり、バブルの頃はとくにそう言った傾向がいろいろなところで見られたものです。しかし、サーキット...

≫続きを読む

 

暴走族

その昔、クルマやバイクは若者のあこがれとなっており、18歳になってすぐに免許を取って行動に走りに出かけると言うことが流行っていました。これが俗に言われるところの「走り屋」になるのですが、その走り屋とはまた別の存在としてバイクを中心にスピードを求めるのではなく、ストレスから来る欲求不満をぶつけたり、そ...

≫続きを読む

 

メーカーの対策

クルマの騒音問題はそれらのクルマをつくったクルマメーカーの頭を悩ませる問題にまで発展しました。快適性や実用性が重視されることにクルマ業界にお金を落としてくれるさまざまなユーザーが興味を示した結果、今までよりも騒音を出さない、そしてクリーンなエンジンによって排気ガスも出さないようにして欲しいとの要望が...

≫続きを読む

 

個人の対策

エンジンをはじめとしてクルマはいろいろな音を出すことでも有名な乗り物ではありますが、飛行機などのように自分の力だけで解決できないわけではなく、自分の力だけでそう言った騒音をはじめとする問題は解決することが出来ます。騒音に関して言えば、個人が心がけをすることでかなりおさえることが可能になることだと言え...

≫続きを読む

 

パーツについて

クルマのパーツはいろいろなものが今まで販売されてきましたが、そのなかで騒音を発生させるパーツと、逆に騒音をおさえるパーツが存在しています。もともとのクルマはあまり騒音が出ないようになっているのですが、暴走族や走り屋はマフラーやエンジンからはじまって、タイヤ、ブレーキ、エアロパーツ、ドレスアップパーツ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ