自動車 騒音

走り屋

走り屋

18歳になってすぐに免許を取り、ローンを組んでクルマを買ってパーツを取り付け、就職をしてそのお金を返しながら走ることに喜びを見出すという行為が一昔前までは一般的でした。

 

 

これがいわゆる「走り屋」と言う人たちであり、バブルの頃はとくにそう言った傾向がいろいろなところで見られたものです。しかし、サーキットが今のように多く存在しておらず、クルマのローンやパーツのローンでいっぱいいっぱいであるためサーキットを走るお金もなく、したがって走る場所は公道の峠道や首都高速道路などが当たり前でした。

 

 

しかし、それは当たり前ですが迷惑行為には変わりありませんし、パーツを変えたことによって騒音を撒き散らすクルマが多数生まれたこともあり、事故も多発し、警察による取り締まりや整備に関係する事柄の規制がきびしくなったりもしました。そして世間一般から見てみれば暴走族の一種と言うレッテルを貼られ、淘汰する側とされる側で対立がはげしくなりました。今ではエコカーブームやハイブリッドブームなど実用性を求めるクルマとそのユーザーが多く、サーキットも多く建設されたミニサーキットで格安で走ることが出来るようになったため、騒音問題は減少しました。


ホーム RSS購読 サイトマップ