自動車 騒音

メーカーの対策

メーカーの対策

クルマの騒音問題はそれらのクルマをつくったクルマメーカーの頭を悩ませる問題にまで発展しました。快適性や実用性が重視されることにクルマ業界にお金を落としてくれるさまざまなユーザーが興味を示した結果、今までよりも騒音を出さない、そしてクリーンなエンジンによって排気ガスも出さないようにして欲しいとの要望が出たりもしました。そこでメーカーが現在取っている対策としてはおなじみハイブリッドエンジンです。

 

 

このハイブリッドエンジンはモーターをアシストとして使ったり、それから今ではアイドリングストップのシステムがついているクルマも存在しているほか、従来のエンジンよりも格段に快適性、それから静粛性に優れたテクノロジーを持って生まれてきています。それからエンジン以外でもなるべくクルマの振動や騒音をおさえるように足回りやボディに改良をほどこしたりと言う対策をしていますが、今度はそれによって別の問題も生まれてきました。それは「静か過ぎてクルマが来ていることに気がつかない」と言うことで、自転車や歩行者とそう言った「静か過ぎる」クルマとの接触事故が起こったりもしており、こうした問題の解決などがクルマメーカーの課題とされています。

メーカーの対策関連ページ

走り屋
暴走族
個人の対策
パーツについて

ホーム RSS購読 サイトマップ