自動車 騒音

パーツについて

 

 

クルマのパーツはいろいろなものが今まで販売されてきましたが、そのなかで騒音を発生させるパーツと、逆に騒音をおさえるパーツが存在しています。

 

 

もともとのクルマはあまり騒音が出ないようになっているのですが、暴走族や走り屋はマフラーやエンジンからはじまって、タイヤ、ブレーキ、エアロパーツ、ドレスアップパーツ、また内装の防音材などをとりはらうことによって騒音を出しやすくさせている人たちがほとんどなのです。そうすることで周囲に自分たちの存在をアピールすることが出来ますし、車検に通るギリギリまで音量をアップさせている人もいますし、車検に通らないクルマで走っている人もいます。

 

 

その結果としてこう言った走り屋や暴走族を中心にしてクルマの騒音問題が広がっていったと言うことになりますが、それ以外でもバイクの甲高いエンジン音もそうですし、フェラーリやランボルギーニのようなスーパーカーはF1などのレースに出ていたノウハウをフィードバックして市販車をつくっているために、フルノーマルの状態でもかなりの騒音になってしまうことになることもあり、そうした人たちにはアクセルをむやみにふかさないなどのモラルの問題が指摘されています。


パーツについて記事一覧

エンジン関係

騒音がクルマのパーツの中で出ている原因と言えば、何を差し置いてもまずエンジンがそれになるでしょう。エンジンはクルマが走る原動力になっているわけですから、これが無ければクルマは走ることが出来ません。昔の馬車ならいざ知らず、エンジンは生き物では無く機械でありますから大きな音を発生させるのは当然のことであ...

≫続きを読む

 

足回り関係

エンジンがクルマを動かす原動力になっているとしても、そのエンジンのパワーを地面に伝えるためのパーツが無ければクルマを動かすことは出来ません。馬車であれば馬の足が後ろのかごを引っ張っていましたが、それでも馬の負担を減らすために「車輪」が存在していました。これが今のゴムで出来ているタイヤにつながってくる...

≫続きを読む

 

内装関係

いろいろなクルマの騒音を発生させる原因をつくっているのはたいていの場合においてエンジンが原因ですし、速いスピードでカーブを曲がったりブレーキを目いっぱい踏んだりすれば、タイヤが地面と擦り合ってドラマとかで良く聞くような急ブレーキの音みたいになります。それ以外の面ではあまり騒音とは関係がありませんが、...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ