自動車 騒音

足回り関係

足回り関係

エンジンがクルマを動かす原動力になっているとしても、そのエンジンのパワーを地面に伝えるためのパーツが無ければクルマを動かすことは出来ません。馬車であれば馬の足が後ろのかごを引っ張っていましたが、それでも馬の負担を減らすために「車輪」が存在していました。

 

 

これが今のゴムで出来ているタイヤにつながってくると言うわけなのです。タイヤをはじめとした足回り関係のパーツですが、いちばん騒音の原因になりやすいのはやはりタイヤでしょう。雪道でタイヤがすべるとそのすべる音が騒音となってまわりに注目されることになりますし、急ブレーキをかければタイヤが鳴くことになりますからそれもまた騒音の一種であると考えることが出来ます。

 

 

あとは外に向けて生み出される騒音ばかりでは無く、クルマの中にいる人にとってのクルマの騒音もあり、タイヤ以外の問題でサスペンションを改造したクルマが車高を下げすぎ、地面とボディを擦ってしまったり、地面のわだちなどを拾って振動といっしょに騒音が発生することもあります。またブレーキを改造すればそれだけ強くクルマを止めることになりますが、ブレーキパッドがタイヤを押さえつけるときのキーキー音も騒音の一種です。

足回り関係関連ページ

エンジン関係
内装関係

ホーム RSS購読 サイトマップ