自動車 騒音

内装関係

内装関係

いろいろなクルマの騒音を発生させる原因をつくっているのはたいていの場合においてエンジンが原因ですし、速いスピードでカーブを曲がったりブレーキを目いっぱい踏んだりすれば、タイヤが地面と擦り合ってドラマとかで良く聞くような急ブレーキの音みたいになります。

 

 

それ以外の面ではあまり騒音とは関係がありませんが、騒音は何もクルマの外にいる人だけでは無く、クルマに「乗っている」人も騒音の被害を受けることがあります。それはエンジンの排気音もそうですし、タイヤの音もそうです。それからボディが地面とこすりあうことがあれば振動となって騒音につながります。さらにはオーディオやスピーカーから音楽やテレビ番組を大音量で流せば、クルマに乗っている人にも外にいる人にも騒音になることがあります。

 

 

そうしたクルマの中にいる人が受ける「騒音」をおさえるためのパーツとしては「防音材」と呼ばれているものが使われており、これによっていくばくか騒音をおさえることが出来るようになっています。しかし改造車はたいてい軽量化などの目的でこの防音材を取り外すことが多く、そうなってしまえば音をおさえるためのパーツがなくなりますので音が大きくなってしまいます。

内装関係関連ページ

エンジン関係
足回り関係

ホーム RSS購読 サイトマップ